2022-02

スポンサーリンク
個別銘柄情報

シー Sea Limited(SE)企業概要【米国株 個別銘柄紹介】

東南アジアで急成長を遂げるシー Sea (SE)の企業概要をまとめました。Seaは現在(2022年2月)の調整局面の前は日本の個人投資家に人気なグロース銘柄(せっ!せっ!せっ!)でした。グロース株ということもあって、今回の市場全体の下げに伴い最高値から半値以下になってしまったという、、、大惨事です。私もまだホルダーでなかなか厳しい状況ですが、オンラインゲーム、EC、決済などの事業を東南アジアを中心に他地域にも展開していくその成長率の高さにはまだまだ期待できると思います(そろそろ成長だけではなく利益にも目を向けてくれ・・・)。
投資実績

【保有銘柄公開】サラリーマン投資家の投資実績【2022年2月】

サラリーマン投資家の2021年12月の投資実績を公開します。今月はテーパリング期間短縮・金利の早期利上げの懸念やコロナ変異株による感染拡大により株式市場は荒れました。金利の上昇の影響が大きいグロース株中心の私のポートフォリオは、その影響をモロに受け、かなり厳しい状況になりました。
投資実績

【戦争による反発😭】サラリーマン投資家の投資実績【2022年2月4週目】

総資産1億円以上を目指す30代サラリーマン投資家の2022年2月4週目(2/21~2/25投資実績を公開します。今週はロシアがウクライナに侵攻する衝撃のニュースがありました。これを受け、相場は急落した後反発しました。私のポートフォリオも損益率が一時 -25%近くになりました。その後、反転するタイミングで少額ですがいくつかの銘柄を仕込んでいます。
スポンサーリンク
個別銘柄情報

ブロック Block(SQ)2021年第4四半期の決算速報【米国個別株】

ブロックの2021年第4四半期の決算発表をまとめました。2021年12月にSquareからBlockに社名変更してから最初の決算発表になります。ここ最近のフィンテック銘柄の決算発表は市場の反応がすこぶる悪く、ブロックも道連れに最高値から60%以上の下落となりました。なので、今回の決算はかなり重要な局面かと思います。
投資実績

【相場の冬はまだ続く🥶】サラリーマン投資家の投資実績【2022年2月3週目】

総資産1億円以上を目指す30代サラリーマン投資家の2022年2月3週目(2/14~2/18投資実績を公開します。今週も利上げの速度やウクライナ情勢に振り回され、ボラティリティが高い状況にありました。グロース株投資家にとってはかなり厳しい状況にあると思いますが、なんとか耐え抜いていきましょう!
個別銘柄情報

エヌビディア NVIDIA($NVDA)2022年第4四半期の決算速報

メタバースにAIに深く関連し、多くの方が期待を寄せるエヌビディアの2022年第4四半期の決算速報の記事になります。2022年第3四半期は素晴らしい決算を叩き出したエヌビディアですが、今期はどのような結果になったのかみてみましょう。
投資実績

【不穏な流れ🥶】サラリーマン投資家の投資実績【2022年2月2週目】

総資産1億円以上を目指す30代サラリーマン投資家の2022年2月1週目(1/31~2/4)投資実績を公開します。今週はメガテックの決算発表2週目でしたね。今週でGAFAMすべての決算が揃いました。GAFAMの決算内容は4勝1敗とかなり良い成績でした。おかげでグロース株中心の私のポートフォリオもやや回復しています。あとは保有銘柄の決算がこけないことを信じるのみですね。
投資実績

元本100万円チャレンジ 〜どこまで増やせる?〜【2ヶ月経過】

新たな企画として、元本100万円を1年間でどこまで増やせるのか(もちろん減る可能性も大)を12月1日にスタートさせました。今回は1ヶ月後の結果を報告させていただきます。今後も1ヶ月おきくらいに100万円チャレンジの結果を報告していこうと思いますのでお楽しみに!
投資実績

【ありがとうGAFAM】サラリーマン投資家の投資実績【2022年2月1週目】

総資産1億円以上を目指す30代サラリーマン投資家の2022年2月1週目(1/31~2/4)投資実績を公開します。今週はメガテックの決算発表2週目でしたね。今週でGAFAMすべての決算が揃いました。GAFAMの決算内容は4勝1敗とかなり良い成績でした。おかげでグロース株中心の私のポートフォリオもやや回復しています。あとは保有銘柄の決算がこけないことを信じるのみですね。
個別銘柄情報

2022年1月 GAFAM決算は株式市場を救えるのか!?

今週はGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の決算発表がありました。今回記事にまとめたのは「GAFAMの決算の数字」と「その銘柄の決算発表後の株価の動き」、そして「テック銘柄ETF $QQQの動き」です。これらビックテックの決算はテクノロジー銘柄全体を左右しかねない重要なイベントになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました